読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックのセット価格も「驚き」の納得価格!

激安
実はkoboの端末は初めてですが!使ってみたところ満足度が高いです。後程!可能な規格と方式をメールで送っていただきました。カバーがないので画面が割れたりしないか少し心配です。

イマが買い時♪

2017年03月19日 ランキング上位商品↑

ブラックKobo Aura ONE (ブラック)

詳しくはこちら b y 楽 天

そもそも出版社があえてリフロー型の良さである行間や余白を制限する理由が分からないです。男としては手が小さい方なので!まずサイズ的に満足。kindleの場合!モニター部分が枠より少し凹んでいるのですが!こちらの端末の場合は完全にフラットなので!カバー必須という感じです。一つにまとめたいという思いと!カラー画面がいいなぁという思いを持ちながらKoboを買うことになりましたので!購入してもうれしいだけの単純な気持ちではありませんでした。長風呂には重宝するかも。届いた本体は電源を入れますとPC設定を選択する項目もあるのに…。ちなみに家ではWPA2(AES)で繋がりましたが…。電子書籍を液晶タブレットで読んでいると、バッテリーが2日も持ちません。上記理由で荷物が増えます。対応していないものは「IEEE802.11ac」「IEEE802.11j」だそうです。カラーでないこと以外は、タブレットと遜色なくバッテリーも1か月と長持ちで大満足です。ただのクレームの一つとしか処理されていないかもしれません。ただ、まだpdfファイルの処理速度は遅めなので、この部分だけ改善できれば完璧だと思います。メインの使い方は!自炊本の読書用が80% ストアで購入した本の読書が20%です。何より素晴らしいのは画面サイズが大きいため、自炊本が一気に読みやすくなりました。)3種類比較ページでは3種類ともPC接続が出来るような記載となっていましたが実際はAuraOneのみPC接続は出来ないそうです。しかし!楽天とアマゾンでは違うし!他の電子ブック書籍を出版メーカーから買うとまたリーダーは違います。持ち歩きには確かにKoboは便利だけど。紙の書籍は限られるはずです。スワイプなどの反応は以前のものよりよくなってますね。このため!スタンドタイプの読書用ルーペを購入した。大画面で見やすいです。そこでパソコン、リーダー、タブレット、いろいろなものを使って購入した電子書籍を読むことになります。特にリフロー型の出版物や個人の出版物が少ないです。ただ容量が8GBというのが私には少し足りませんでした。文字も大きく、またPCスマフォのブルーライトと違い目も疲れないようですし、電池の残量も気にせず済みます。やはり大画面にカルタパンネルは正解でした。1日1時間〜2時間位の使用で3日もつくらい。早速使ってみると!上述の不満点は解決されておりほぼ完璧です。ipadスマホで見るより目に優しいのも良いですね。もう1つ願わくば、10インチぐらいのタイプがあればいいのと、PDFが対応出来るようになればいいかな。海外ですと可能にするツールが出回っているようですが…。価格は少し高めな気がしますが!この画面サイズのリーダーではやむを得ないのかと思います。可能な暗号化方式は「WEP」「WPA 」「WPA2 」で繋がりにくい方式は「AES」「TKIP」が繋がらない可能性があるそうです。それによりますと可能な通信規格は「IEEE802.11 b/g/n」だそうです。koboですが現在3種類出ている中でAuraOneが一番スペック高く!サイズ大きいのと防水機能もあるので間違いなさそうかな!と選択しました。バッテリーは!1日〜2日くらいしか持たない。その分、脆そうな印象は受けます。この辺はkindleの方が疲れません。結構減りが早いですね。KOBOは何台目かわかりませんが!とにかく一定期間経つと壊れます。ただ他のデバイスとの連携?に関しては今の時点でwifi環境のみらしいので早くヴァージョンアップを希望したい。<決済出来なかった件は下記の通り!解決したので補記します>レビューを書いてすぐショップさんからメールがあって!Koboのカスタマーから改めて案内があるとの事。ちょうど保証が切れたくらい?これは以前のものより少し大きめです。サポートには今後のソフトウェアアップデートでこの事象をなんとかしてもらいたいと依頼をしましたが、どこまで顧客の要望に真摯に対応してもらえるかは分かりません。いくつかの電子書籍リーダーを持ってますが、7.8インチの大きい画面にカルタパンネル、300ppiのリーダーが発売されると聞いて発売日に購入しました。関連書籍(自分の読みたい本をおすすめしてくれる精度)は、読めば読むほどクリティカルになっていくと思います。恐らくこの制限は、Koboそのもののソフトウェアの出来の悪さからくるものだと考えています。今後は!koboの新機種が発売されても買い替えないで済みそうです。横書き、縦書き両方ともダメなようです。特にNHKのテキストのように画像の読み取った本の場合、6インチでは小さくて見辛かったです。そしてオートライトは逸品でしょう。Kindle Paperwhiteも使用していますが!そちらは何年も前からこの程度の設定は普通にできているのでそれよりも1万円も高いこの端末の機能には強い不満を感じています。先日楽天からのメールで!kobo aura ONEの発売を知り!すぐに購入しました。そして!まだケースや関連アクセサリーが発売されてないので!ipad mini用のスリーブケースを代わりに使ってます。画面の大きさは、マンガを読むにはちょうどいいサイズかなぁと思いますが、小説(主に単行本)ばかり読む私には、思いの外、端末が大きすぎて見づらかったです。楽天キンドルと違い、魅力的な端末が出てくるので、プログラミング入門書を端末で見るのなら、カラーの電子ペーパー端末が出るのを待つか、Androidタブレットを買うかした方がいいと思います。(koboです。接続が出来ないのです。英語の書籍だとフォント!文字の大きさ!行間!余白!文字揃えの変更ができるのに日本語の書籍だとフォント!文字の大きさしか変更ができないことが購入後に判明。電子書籍リーダーはいろいろ試していますが!できれば一つにしたいのです。プログラミングの専門書のソースコードの文字が!7.8インチでもまだ小さくてちょっと期待はずれだった。今までのkoboひととおり使いましたが!老眼世代には嬉しい大きさです。同期出来ました。文字の見易さ!反応ともに素晴らしい。本は合間に読むのでよく持ち歩くのですがかさばる点や!家の中でこれ以上増やせない点!半身浴しながら読む際に濡らしてしまうという点から!紙媒体については常々限界を感じていました。まあWifi接続から設定してみるかなとWifi接続を試みるのですがこちらもさっぱり接続出来ません。キンドルと比べたら画面が大きいので、満足。全体の所感として、楽天ポイントがつくメリットがなかったらkindleのままだったなーと。嬉しくて電子書籍を増やしているところです。画面がフラットなのも拭きやすい。まぁ!単行本を無理やりハードカバーサイズで読もうとしている状態なので!それは使い道によって!ですね(kindleの場合は逆に小さすぎてマンガなどには向かないと思うので)文字は綺麗に表示されますが!画面の反射光が気になります。サポートによると書籍の出版社によって設定の可否が事前決められているとのこと。星は3つですが!あんまり不満はありません。半身浴しながら見る方には防水も歓迎すると所。でも、どこのレビューサイトでも大画面ともてはやされているのを真に受けて期待してたら、意外と小さく感じるので、そんなに大画面でもないので、過度な期待は禁物。これは恐らくこの方式をメインで採用する個人出版者に対するサポートや基盤の醸成をAmazonと違いあまりやっていないからなのではと思います。kindleの場合!何度も同じ本が表示されて!なかなか新しい本に巡り会えませんが!koboの場合は割と関連書籍から関連書籍へ飛んで・・と検索すると掘り出し物に巡り会えるような気がしますジャンルから読みたい本を探すときに!新刊順!人気順!サブジャンルなど一手間加えると!何故か英語の本ばかり表示されるのはどこかに設定があるのだろうか・・・お風呂でも使ってみましたが!普通にお風呂の蓋に置いて濡れた手でページをめくって読んでも全く支障なかったです。何冊ものデータがこれ1つで済むので本当に嬉しいです♪使い勝手は最高です。ページ送りの速さは、キンドルよりワンテンポ遅い。またWifi接続も通信規格の対応していないものや暗号化方式も繋がらない可能性のあるものがあるとの事。いままで!kobo glokobo aura!kobo gloHDと3機種にわたり発売ごとに買い替えてきました。その都度改良され進歩の跡がうかがえましたが、個人的には解像度・画面の大きさ、薄さ・重さを含めた手に持った際の感触、デザインおよび操作性と少なからず不満はありました。端末自体の読みやすさや大きさについてですが、kindle paperwhiteにくらべて重さは驚くほど軽いです。容量を増やすかSDカードが他の機種のように使えれば文句なしです。あと!書籍でソースコードの変更点が赤色になっているところがすごく薄い灰色で表示されるので目を凝らさないと見えない。epubの書籍だけじゃなく、漫画の方もより良い感じで読めて良かったです。e-inkで大画面は今までなかったです。モバイル端末なのにPCじゃないと設定出来ない・・という部分にもやっとしましたが!早速がっつり買って読んでます。書籍のラインアップもKindleと比べて少し物足りない感じがします。。手頃のサイズ、重量。数日後!カスタマーさんからの連絡で!PCからKoboのサイトにログインして情報を登録する事で決済出来るようになりました。常時入れておきたい本がたくさんあるため新たに追加する際気を使います。購入検討中の方はWifi通信規格が上記可能な通信規格であるか!もしくは設定変更により可能な規格に変更可能か!まずは御確認された方がよいです。カバーをつけずにトートバッグに入れて30分で画面にキズが……_| ̄|○あと、大きい分、軽くても手に負担がかかるのか、少し手首が痛くなりました。しかも端末が薄く軽いので片手持ちや外出時の持ち運びにも困りません。お手上げでしたので保証書に電話番号が小さく掲載されていましたのでそちらに問い合わせてみました。Kobo gloが防水でメモリ拡張出来て、もう少しバッテリーの持ちが良かったら言う事無いんですが(欲張りすぎか;)ためらわず購入して正解でした。やはりカラーで見るにはパソコンやタブレットがいいです。以前のもので!何かと不具合があったりしましたが!一度これで本を読むとペーパーには戻れないので不具合がないことを期待してます。ただこちらのリサーチ不足でしたが、AuraOneはPC設定が出来ないのです。消費者に負わされる不便についてよく考え、業界は統一規格に向けて努力してほしいと思います。ただ、私が日本語の書籍(もちろんリフロー型)の試し読みをした限りでは全ての書籍が対応していませんでした。これからは電子書籍の時代!しかもクラウドの時代ですから。